スポンサーリンク

7500円の中華スマホ OUKITEL C12 PRO カメラ機能は? 雑だなぁ・・・

今回はOUKITEL C12 PRO のカメラ機能の紹介です。

以前に紹介したUMIDIGI A3と同価格帯となる激安スマホです。
A3同様にカメラ機能はそれなりです。

カメラはやっぱりローエンドレベル

カメラアプリは、中華スマホによく使われているアプリです。
これってAndroidのデフォルトのカメラアプリ?なんでしょうか?

なんか雑だなぁ

スワイプして撮影モードを選択するようになっていますが、ここは日本語化されていません。
かつ、フォントがやけに小さくて、見にくし使いにくいぞ!

ガジェット好きなおっさんが使うレベルなら、問題なし

肝心な画質的には、UMIDIGI A3と同レベル。
いや、ちょっと落ちるか? てなレベルだと思います。

デュアルレンズですが、もちろん なんちゃってデュアルレンズ
背景がバチっとボケるような写真はできません・・・

こんな感じ。
なんかトイデジみたいで、これはこれでいいのか?

背景はきれいにぼけない

1万円以下のローエンド端末で、カメラの画質が良いという評判の端末は聞いたことがありません。
カメラユニットは、まず一番はじめにコストカットされるような部分なので、スマホの価格差がよくでる機能だと思います。

そういったわけで、画質はキレイとは言い難いものの、メモやSNSに投稿する程度なら問題なく使えるレベルだと思います。

逆に、一生に一度の思い出を記録したい・・・とか、カメラに思い入れのある方は、1万円以下のスマホを選んではいけません。

あと、インスタばえ必至な女子もえらんじゃだめですよ。 このあたりの価格は。
まあ、女子でOUKITEL とか UMIDIGI 使う人は皆無でしょうけど。

ガジェット好きなおっさんが使うなら十分及第点ですよ。

細かいことは気にしない これぞ中華スマホ

カメラ機能とは直接関係ありませんが、カメラアプリのメニューがノッチで欠けています。
なんか雑だなぁ。
中華スマホだから、笑って許されますが、日本だったらクレームきちゃいますよ!

なんとなく、OUKITEL C12 PROは良くも悪くも中華スマホです。
中華スマホのコスパと雑でチープな感じがいかにもって感じ。

反面、同価格帯で日本でも人気のUMIDIGI A3は、同価格でも一歩前に進んだレベルって感じ。

7500円という価格を考えれば、OUKITEL C12 PROも優秀な中華スマホです。
悪くないんだけど、同時に購入しただけにどうも分が悪いOUKITEL C12 PRO。

室内撮影ですが、一応写真サンプルを貼っておきます。

OUKITEL C12 PRO サンプル写真

OUKITEL C12 PRO サンプル写真

動画でも紹介してます。

日本のAmazonでも購入できますが、日本で買うとちょっと高いですね。

OUKITEL C11 PRO 4G SIMフリースマートフォン Android 8.1 携帯電話 5.5″ 18:9 スマホ デュアルスタンバイ MTK6739 オクタコア 3GBRAM 16GBROM ダブルレ ンズカメラ 8MP 2MP カメラ 指紋認識 3400mAh バッテリー大容量 ブラック