スポンサーリンク

1万円 中華スマホ 顔認証って使えるの? UMIDIGI A3/ONE おまけ C12 Pro

中華スマホ 顔認証使えるの?

1万円台で購入できる激安中華スマホ3台で顔認証をチェックしてみました。

チェックした端末は下記の3台です。

UMIDIGI A3(中国ショッピングサイトで8,500円で購入)
UMIDIGI ONE (日本のAmazonで15,000円で購入)
OUKITEL C12 Pro (中国ショッピングサイトで7,500円で購入)

さっそく動画をご覧ください。

1万円スマホで十分使える顔認証 フェイスアンロック

どうでしょう?

使ってみた感想では、どの機種も十分に実用の範囲内でした。
ワンテンポ間はありますが、十分な認証速度だと思います。

ちなみにUMIDIGI ONEだけ設定メニューが異なり日本語化されていません。
スキャンアニメーションも、子供の頃見たSF映画に出てきそうなポリゴン風な顔が表示されます。

ちょっとかっこいい

UMIDIGI ONEの顔認証アニメーションはかっこいいぞ

UMIDIGI A3とOUKITEL C12 Proまったく同じメニューで同じ設定項目。
認証時のアニメーションも同じ
これはAndroid標準の顔認証なんでしょうか?

さすがに暗いと認識率低め 指紋認証と併用がおすすめ

顔認証だけに、さすがに周囲が暗いと認証しにくくなります。
当然、真っ暗だと顔写りませんしね。

これは1万円台の中華スマホだからというわけではなく、スマホのフェイスアンロックに共通する弱点だと思います。

3機種とも指紋認証センサーも搭載しているので、併用すると快適に使えます。
顔認証失敗しても指紋で解除可能。

正直、HUAWEI端末ぐらいに指紋認証センサーの認識率や速度が速いと顔認証を使うシチュエーションって少ないですが、1万円 中華スマホのレベルだと併用して丁度いいぐらい。

また、冬など手袋をつけていると指紋認証は使えないので、顔認証は便利ですね。

激安中華スマホの顔認証、思ったより使える印象です。
むしろ指紋認証より、認証率は高そうです。

やるな1万円 中華スマホ