スポンサーリンク

約1,600円で購入したBluetooth ワイヤレスイヤホン ROCK SPACE T1 EB10

今回はBluetooth ワイヤレスイヤホン ROCK SPACE T1 EB10を購入したのでご紹介します。

Youtubeを視聴するために購入

ワイヤレスイヤホンを購入した理由は、まず安かったから・・・
割引クーポンの利用で約1,600円程度で購入できました。

両耳のケース付のワイヤレスイヤホンであれば、まずまず安いレベルだと思います。

使用目的はYoutube視聴用です。

現在も片耳のワイヤレスイヤホンを使用してYoutubeを見ています。
片耳イヤホンを使っていた理由もまず安かった。

それと周囲の音が聞こえるようにです。
YoutubeはPCを使って視聴しています。
PCはリビングにしかありません。

家族団らんのリビングで家族の話を無視するわけにはいきませんので、家族の話に耳を傾けながら、Youtubeを視聴しているわけです。

片耳イヤホン小さすぎる

リビングで利用するには、周囲の音も聞こえやすく便利に利用していた片耳イヤホンですが、ちょっと不便な一面も。

まず、小さい

小さいのは良い事でもあるのですが、なにしろ小さくて丸っこいので落としやすい、落とすとちょっとした隙間などに入ってしまう。

引き出しにしまっても、引き出しの中で行方不明・・・など、小さいなりにデメリットもあります。

もう一点は、充電するのに専用のケーブルが必要なこと。
充電は付属の専用ケーブルを使用しないとだめです。
また、充電もハリガネの様な細いコネクターを突き刺す感じ。
ちょっと穴が小さくて老眼のおっさんにはちょっと入れにくい。

音質はわからない

さて、こんな感じであまりBluetooth ワイヤレスイヤホンに対してそれほどこだわりのない私ですので、音質の良し悪しはよくわかりません。

音楽を聞く習慣がありませんし。
Bluetooth ワイヤレスイヤホンの購入も2回目で、比較対象が少なすぎます。

それでも片耳から両耳になり、ステレオになったせいもあり全体的にYoutube視聴においても音声が良くなった印象はあります。

また、耳の穴にすっぽり入る感じで、フィット感もあがりました。
音もしっかり耳に入るのか、このあたりも音の良さに寄与してるかもしれません。

耳からポロっと落ちることもありません。

遅延は気にならない

私の利用方法の場合、むしろ遅延の方が問題になります。
この手のBluetooth ワイヤレスイヤホンやヘッドホンはどうしても遅延が発生するようですが、Youtube動画を視聴する感じでは特に遅延が気になるということはありませんでした。

なによりも使い勝手があがった

今回ケース付のワイヤレスイヤホンを導入して、まず良くなったことそれは使い勝手が爆上したことです。

ケースから出せば自動に電源ONで接続してくれます。
ケースに戻せば、電源OFFで勝手に充電してくれます。

簡単なことですが、すごく使いやすくなりました。

ケース自体が充電器にもなっています。
汎用性のあるmicro-USBケーブルで充電が可能。

ケースにもバッテリーが仕込まれているので、ケースの方を満充電しておけば、3回程度充電できるようです。

また、ケースがあることで紛失も防止できます。
手ごろなサイズで邪魔にならず、かつ小さすぎて扱いにくいこともありません。

ケースのLEDがちょっと見にくい

唯一残念なのは、ケースの充電状態をしめすLEDがちょっと見にくい。
なぜこんなに小さいのか・・・

もうちょっと視認性を重視してもらえると良かったです。

ケース付のワイレスイヤホンは思ったより便利

今回初めて購入したケース付のワイヤレスイヤホンですが、思ったよりかなり便利。

充電器、収納、バッテリーに使えるケースがすごい便利。
自動接続に自動充電 便利過ぎ。

これはおすすめ。

動画でも紹介しています。