スポンサーリンク

8500円 激安スマホ UMIDIGI A3 ほぼ素のAndroidで日本語も問題なし

UMIDIGI A3は日本設定問題なし

同価格帯の中華スマホ Oukitel C12 PROで撮影

日本でも1万円以下で購入できる激安スマホとしてAmazonランキングNo.1になるなど、今「話題のスマホ」となっているUMIDIGI A3。

Youtubeでも多くの人がレビュー動画を投稿しています。

当ブログでも以前に開封、付属品の紹介などをしております。

AmazonランキングNO.1 8,500円の「話題のスマホ」UMIDIGI A3を開封!
11月11日中国の「独身の日」セールで購入したモノが届きました。 今、「話題のスマホ」 なんとAmazonランキングのスマホ本体部門でNo.1になっているスマホです。(2018年12月3日現在) あの、格安スマホの王道「HUAW...

今回はざっくり設定メニューまわりをご紹介します。

日本語まったく問題なし

ほとんど素のandroid状態なので、初回起動の言語選択で日本語を選べば、普通に日本語で利用可能です。

設定メニューもごく一部を除いては、日本語表記になります。
メーカーや端末の独自のカスタマイズ設定以外は、問題ありません。

アプリもGoogleのデフォルトアプリのみのすっきり設定です

同価格帯の中華スマホ Oukitel C12 PROで撮影

日本語入力もGoogleの文字入力アプリ「Gboard」が日本語入力にも対応しているので、以前のように日本語入力アプリをインストールすることなく日本語入力が可能になります。

やっと日本語に対応したGoogle謹製キーボード「Gboard」を徹底紹介
2016年に登場したスマホ向けのGoogle製キーボードアプリ「Gboard」。ついせんじつ、待望のiOS版が日本語に対応したので、今回はレビューをお届けする。

無駄なアプリも一切なし。すっきり!

アプリもGoogle系のアプリ以外は入っていません。
ローエンドモデルなので、使いたいアプリだけチョイスしてインストールできるので、これはありがたい。

以前は、日本語が使えなかったり、日本語化が面倒だった中華スマホですが、OSの進化とともに、現在ではかなり使いやすい環境になっています。

日本で販売されているスマートフォンと大差ありません。
ますます、中華スマホが使いやすくなっていきますね。

UMIDIGI A3は価格も安く、出来も良いので中華スマホデビューにはもってこいの端末かもしれません。

動画もあります、ご覧ください・・・