スポンサーリンク

Huawei nova lite 3 は動画撮影時の手振れ補正がない・・・

現在、超絶人気の最強コスパスマートフォン Huawei nova lite 3
カメラにはAI機能も搭載され、しっかりとトレンド機能を抑えています。

が・・・

動画撮影時の手ぶれ補正なし

実は、nova lite 3は動画撮影時の手振れ補正がないようです・・・
nova lite 2にもないようです・・・

こちらのサイトのまとめでも、動画撮影時の手振れ補正は非対応とのこと。

https://nova-lite-3-nova3-huawei-wiki.fxtec.info/wiki.cgi?page=%B4%F0%CB%DC%BB%F6%B9%E0

コスパ最強スマートフォンとして、軒並み評価の高いnova lite 3ですが、やはりコストカットの余波が現れているのでしょうか・・・

wi-fiも5Ghzには対応していませんし、充電ポートもmicro-Bです。
地味なところでしっかりコストカットしてますね。

手振れ補正バリバリのXiaomi Redmi 6 Proとの差は歴然!

対するHuaweiの牙城を崩すべくインドで爆売れの中国スマートフォンメーカーの雄 Xiaomiは、同価格帯の端末にしっかり手振れ補正を搭載しています。

激安中華スマホ ボケ撮影選手権 さすがのnova lite 3
最近では格安スマホでも当たり前になりつつあるデュアルカメラ。 中華スマホでは、1万円以下で購入できる端末にも搭載されています。 しかし、同じデュアルカメラといえども、実際のクオリティにはかなり差があります。 今回は...
2万円で買える 最強スマホ Xiaomi Redmi Note 6 Pro で写真撮ってきた
中国から輸入すれば、わずか日本円で2万円程度で購入できるコスパ最強スマートフォン Xiaomi Redmi Note 6 Proで写真を撮ってきました。 やはり以前に紹介しているUMIDIGI A3とOUKITEL C12 PROとは...
2万円コスパ最強 Xiaomi Redmi Note 6 Pro 流行のカメラ機能も満載
11.11の独身の日に購入した3台のスマートフォンの中で、一番高った Xiaomi Redmi Note 6 Pro。 2万円スマホとしては満足度高め 高いと言っても2万円です。 でも、UMIDIGI A3やOUKITEL...

Xiaomi Redmi note 6 Proは、中華サイトで約2万円購入できる格安スマホですが、しっかり動画撮影時の手振れ補正にも対応。

AIカメラもすでに搭載済み。

カメラのクオリティも素晴らしい。
さすのXiaomiクオリティです。

実際、Xiaomi Redmi 6 Proと歩きながら撮影をすると差は歴然。
というか、Redmi 6 Proの手振れ補正機能すごくいい感じに効いています。

さすがに画角は狭くなりますが、設定でオン/オフ可能なので撮影環境に合わせて使用できます。

さすがにHuaweiには、次のnova lite 4では頑張ってほしいところですね。

百聞は一見に如かず、比較動画をご覧ください。

AI顔認証 6.26インチ FHD・後12.0MP +5.0MP + 前2.0MP+20.0MP AIカメラ搭載★Xiaomi Redmi Note 6 PRO Global Version★AI対応Qualcomm Snapdragon 636(SDM 636)・ MIUI 10 (Android 8.1)搭載・4G VOLTE+4G VOLTE 同時待受けDSDV対応 日本仕様・3GB/4GB RAM + 32GB/64GB ROM・LPDDR4X ROM採用 (RAM 3GB+ROM 32GB, Black)

HUAWEI nova lite 3 【OCNモバイルONE SIM付】 (音声・SMS・データ共通SIM ミッドナイトブラック)