スポンサーリンク

Androidで句読点や改行などを音声入力するアプリ Edivoice エディボイス


今回は、音声入力アプリのご紹介です。
Androidで句読点や改行などを音声で入力を可能にするアプリ「 Edivoice」です。

Edivoice - 音声入力で手軽に文章作成 マッシュルーム対応 - Google Play のアプリ
音声入力は便利ですが、句読点や改行を含む「文章」を作成するには少し手間がかかります。 本アプリは、音声入力による文章作成をサポートするツールです。 音声認識結果の候補を選択しながら、句読点や記号、改行を挿入して、手軽に精度の高い文章を作成することができます。 また、マッシュルーム対応キーボードからの呼び出しに対応してお...

iPhoneでは、句読点や改行の音声入力が可能だが・・・

iOSでは、音声入力で句読点や改行の音声入力が可能ですが、AndroidのGoogle音声入力では、句読点や改行の音声での入力ができません。

その為、文章を作成するには、音声で入力を終えた後に句読点や改行を挿入する編集作業が必要となります。

Googleの音声認識のレベルが高いので、一気に音声で入力して推敲しながら句読点や改行を追加して行く方法で利用されている方が多いと思います。

音声入力しながら、句読点や改行を入力できる

「 Edivoice」を利用すれば、音声入力をしながら句読点や改行を入力することが可能です。

アプリを立ち上げればすぐに音声入力が可能です。

句読点や改行の入力は、音声ではなく画面上のキーボードを利用し、その都度入力していく方法です。

しゃべりながら、任意の位置で入力していきます。

iOSのようにしゃべりながら「てん」や「かいぎょう」などの言葉をしゃべらなくても良いのでテンポよく入力できます。

また、多少音声入力の間隔が空いてもそのまま入力できます。

Google音声入力の場合、少し間が空くと半角スペースが入ってしまい後で編集する際に手間がありました。

句読点や改行以外にも、スペースやバックスペース、音声では入力しにくい記号などをキーボードから入力できます。

また、「KEY」ボタンを上にスワイプすることで、通常のソフトウェアキーボードが利用できます。

入力したテキストは、「送る」ボタンから他のアプリで利用したり、コピー&ペーストで利用できます。

また、マッシュルームにも対応しています。

音声入力で文章を作成したい方は必須アプリ

Androidで音声入力を利用して文章作成を行いたい方には、おすすめのアプリです。

無理にすべてを音声入力せずに、任意の場所で句読点や記号をキーボードから入力する独特の方法で、音声入力とキーボード入力の良いとこどりしたアプリとなっております。

動画でも紹介しています。