スポンサーリンク

Android 標準バックアップ機能でらくらく機種変更

Androidには標準でバックアップ機能があります。

今回初めて利用してみました。

私は端末を変更したりセットアップする時にバックアップから復元するということはしません。

理由は単純に断捨離したいから・・・

利用頻度の低いアプリは、移行せずに本当にないと困るアプリやデーターしか移行しません。

どうしても必要になれば、またインスールすればいいわけですから、単純にまるまる復元ということはしません。

よく利用するGoogle系のサービス(Gmailや連絡先)は、アカウントを同期すれば問題ありません。

そこで、今回はいつもは利用しないAndroid標準のバックアップ機能を試しに使ってみました。

はじめてのバックアップ

利用方法は極めて簡単。
基本的には、設定からバックアップをONにするだけ。

バックアップはGoogleドライブに保存されます。

それを新しい端末で復元するだけ・・・すごく簡単

ちなみに対象を選んで復元することが可能です。

アプリが多い人にはいいかも

私自身、スマホはかなりライトな使い方しかしないので、インストールしているアプリもかなり少なめです。

新端末にアプリを入れなおすのもそれほど苦にはなりません。
また、その時にアプリやデーターを整理するようにしています。

ただし、アプリを50個も100個もインストールしている方は、利用環境を構築するに、ひとつひとつアプリを入れていくのは面倒です。

こういった方には、Androidのバックアップ機能がおすすめです。

実際アプリをダウンロードしてインスールしていくので時間はかかりますが、以前の利用環境が簡単に復元できます。

動画でも紹介しています。