底辺Youtuberは終了? YouTubeの収益化の新基準が厳しすぎる!

スポンサーリンク
adsense728

突然ですが、昨日Youtube界隈を賑わすニュースが入っていました。

by Rego KorosiYouTube上で動画を投稿するクリエイターが、動画を収益化することで表示されるようになる広告や、YouTube Redの利用者による視聴から収益を受け取ることができ

簡単に言うと、Youtubeの収益化できる基準がすごく厳しくなったという話です。

もともと、Youtubeの収益化は、ブログとかに貼る広告のGoogle AdSenseに比べると特に審査もなくて、動画を上げると設定ですぐに収益化できる簡単なものでした。

それが徐々に厳格化され、今回のような結構厳しめの設定になってしまいました。

そこで本日より、新たなチャンネルが収益化を有効にするためには過去 12 か月間の総再生時間が 4,000 時間以上であり、かつ、チャンネル登録者数が 1,000 人以上いることが必要となる新しい条件を設けます。

引用:クリエイターを保護するための YouTube パートナー プログラム(YPP)の新たな変更点に関するお知らせ

チャンネル登録者数1000人って結構きびしいなあ・・・

少し前にも改定があり、その時は総視聴回数10000再生というのが基準でした。
これぐらいならわからないでもないですが、チャンネル登録者数1000人って結構な優秀なチャンネルですよね。

Google側からすれば、そういった登録者がいるしっかりとしたコンテンツのあるチャンネルでないと収益を分配する意味がいないということでしょう。

ただ、チャンネル登録者数が少なくてもマニアックな情報だったり、ちょっと変わったネタだったり
と個人的にはツボにハマる動画をアップしているチャンネルもあるわけで、そういった配信者さんたちのモチベーションが下がってしまうのではないかと心配です。

こういった方々は何もYoutubeで生活しようと考えているわけではありません。
ちょっとした小遣い稼ぎに期待ややりがいを感じている人もいるわけで人気者のYoutuberばかりのYoutubeでは面白くありません。

テレビや大物Youtuberが扱わないようなマニアックな動画があるからこそ、ネット動画サイト「Youtube」だと思うのですが・・・

実際のところ、Youtubeの面白さって底辺Youtuberだと思います。

これじゃあ、一攫千金を夢見るYoutubeキッズもガッカリですね。
まあ、黒歴史を抑制する効果はあるかもしれません。

さて、以前にこのブログの恒例でありますMVNO一家である我が家の月間データー通信量の報告をいたしました。 格安...

YouTubeで小さく稼ぐ 再生回数2億回の達人が教える、撮った動画をお金に変える方法/MEGWIN【1000円以上送料無料】

スポンサーリンク
Adsense336
Adsense336

フォローする

おすすめの記事と広告