スポンサーリンク

LINEモバイル 速度制限されてもLINEは爆速で使える!

以前にLINEモバイル(ソフトバンク回線)の低速時の使用感を紹介いたしました。

LINEモバイル ソフトバンク回線 低速時200kbpsの使用感
今回はLINEモバイル(ソフトバンク回線)の速度制限がかかった状態、低速200Kbpsの使用感をご紹介します。 スピードテストは、ほぼスペックどおり とりあえず、分かりやすいところでスピードテストをしてみました。 ...

ある意味、200Kbpの数値が表す通りの可もなく不可もなくな感じです。
そんな速度制限のかかった低速時でも、LINEモバイルはLINEの通信は低速になりません。

LINEモバイルのメリット LINEはけして遅くならない

LINEモバイルのひとつの売りであるデーターフリー。

LINEや主要SNSのデーター通信量がカウントされない(使い放題)になるサービスです。(1GBのLINEフリープランはLINEのみデーターフリーです。)

さらにこのデーターフリー対象のSNSは速度制限時にも低速制限がかかりません。

データ容量を使い切って通信速度制限にかかっても、対象サービスは通信速度制限がかからず、快適に利用できます。

引用:https://mobile.line.me/support/datafree/

本当に遅くならないのか?

さっそく、速度制限時にLINEは制限を受けないのかテストしてみました。
比較的データー容量の大きい写真のオリジナルサイズや動画を送受信してみました。

結果は!

爆速です。
速度制限時も高速通信のまま、快適に利用できます。

動画で見て頂くと爆速加減がよくわかると思います。

初期手数料が割引になるLINEモバイル 招待URLあります。