スポンサーリンク

激安中華スマホ カメラテスト 残念な結果に・・・

手持ちの激安中華スマホでカメラテストを行いました。
撮影したの下記の4機種

Xiaomi Redmi Go 約8,500円

Xiaomi Redmi 6 約12,000円

ASUS Zenfone Live L1 約8,500円 (台湾メーカー)

OUKITEL C12 Pro 約7,500円

価格は私が購入した時の価格です。

テストは安直に室内で行いました。

結果は?

Redmi Go

Redmi Go

Zenfone Live L1

OUKITEL C12 Pro

Redmi 6

残念なテスト結果に・・・

はい!

ご覧の通り、大差なし・・・比較する意味があるのか謎です。

比較的明るい室内ということもあり、それなりに撮れている印象。
もっと暗い場所など、過酷な撮影条件でないとカメラ性能の差がわかりません。

我ながら失敗過ぎるカメラテストでした。
すいません。

強いてい優劣をつけるならASUS Zenfone Liveが一番きれいに写っているでしょうか?

OUKITEL C12 Proはフォーカスが合いにくい

撮影された写真としてはそれほど差がありませんが、撮影時にOUKITEL C12 Proだけは、フォーカスがかなり合いにくい印象です。

他の機種は、特に問題はありませんでしたが、OUKITEL C12 Proはさすがに使いにくい印象です。

動画でも一応紹介しています・・・意味あるかな。