嫁さんのMVNO選びで悩む・・・その1 DMM mobileかFREETELか?

前回からの続きです。

【現在の状況報告 】いよいよ嫁さんの更新月が到来 MVNO選びに入ります
久々の実録シリーズです。 さて、いよいよ嫁さんの更新月(2/21~)が約一か月後と迫ってきました。 ついに嫁さんもSOFTBANKか...

さっそく嫁さんの直近6カ月間のデーター通信量を調べてみました。

すると、6カ月平均で約月間1.5GBでした。

んーこれ実に微妙です。

MVNOの基本プランともいえる3GBでは余ってしまう。
でも、1GBプランでは足りない・・・ 2GBプランもありますが、ほとんど3GBプランと変わらない価格になってしまいます。

可能ならがんばって1GB以内に収めてくれれば良いのですが。

1GBに抑えるならやはり

DMM MobileかFREETELになると思います。



ともに低速モードへの切り替えが可能なので、通常は低速モードでデーター通信量を抑えてうまく活用すれば1.5GB→1GB以内にできるような気がします。

こういった使い方の場合はDMMの方が使いやすいでしょう。
FREETELにはアプリがありませんので低速/高速モードの切り替えが面倒です。
DMMはアプリでサクッと変更できるので、頻繁に切り替えをするならDMMでしょう。
うまく節約できれば来月に繰り越しもできますからね。

ただ、無理せず使うときは3GB超えてもいいやという感覚ならFREETELかもしれません。
1GBオーバーすれば自然に次は3GBまでの料金になります。
使った分だけ段階的に請求されるプランなので、このあたりは不自由がありません。
DMMですと1GBを超えてどうしても高速通信を使いたければ、割高なチャージをしなければなりません。
ある程度3GBの利用量も予想するならFREETELもいいでしょう。

というわけで、一長一短どうしたらよいものか。
まだまだ悩みポイントは尽きません。

次回に続く

FREETEL SIM for iPhone/iPad データ通信専用 nano SIM (月額299円(税抜)より)

スポンサーリンク
Adsense336
Adsense336

フォローする