子供にスマホをねだれているお父さんは絶対に格安スマホを検討すべき!

娘のスマホのMVNOをmineoからFREETELに変更して料金的にどうなったでしょう?

それでは現状の我が家のMVNOにおけるスマホ運用状態です。

私:DMM mobile 1,140円(音声付ライトプラン)
妻:mineo 1,400円(音声付500MBプラン)
娘1(中2):FREETEL 200円(データー通信 1GB利用 キャンペーン適応)
娘2(小5):0SIM 0円(データー専用 500MB未満の利用で無料)

合計:2,740円 (税抜)

※FREETELのキャンペーンは契約日の翌月からなので、7月は+299円になります。

これ以外に通話料やSMS使用料がかかりますが、基本料だけならなんとか税込でも3,000円以下運用ができています。
実際、ほとんど通話やSMSをすることはありません、LINEで十分です。

スマホの平均利用額は6,342円というニュースがありました。

平均の月額利用料金(通話料+データ通信料+オプション料)は、スマートフォンが6342円、フィーチャーフォンが2739円。フィーチャーフォンの平均利用料金はスマートフォンの43%と半額以下だった。

引用:http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1506/11/news138.html

もし仮に我が家に当てはめると

1ヶ月 6,342円 × 4人 = 25,368円になってしまいます。

キャリアでの一般的な契約期間2年間になると

25,368円 × 24ヶ月 = 608,832円です。

なんと3年少々使えば100万円を超えてしまいます!!

冷静に考えて家族で利用しているとはいえ、3年で100万円ってめちゃくちゃ高くないですか?

私なら車でも買う資金にしたいですね。

ちなみに現状の我が家ですと

2,740円 × 24ヶ月 = 65,760円

ただ、これには端末代が含まれていません。
仮に端末代をSIMフリースマートフォンの売れ筋価格帯である25,000円で計算してみましょう。
実際はもっと安い端末を買いますけどね!

25,000円 × 4台 = 100,000

端末代を合計して

165,760円です。

なんと、 およそ3分の1ぐらいでしょうか?

家族でスマホを使うなら一度は格安スマホを検討してみてください。
家計節約にも大きく貢献できると思います。

スマホの通信費を下げることは格安スマホ&MVNOを利用することで比較的簡単に節約することができると思います。

私と同じようなスマホを欲しがる中学生、小学生のお子さんがいるお父さん、子供の為にとはいえキャリアで契約すれば2年間で15万円以上の出費になります。

格安スマホならデーター通信のみの契約で端末入れても2年間で3万円ぐらいでもいけそうです。

お父さん!お母さん ! ぜひとも 格安スマホ検討しましょう!!

月額756円(税込)からの格安スマホmineo