中高生の女子はMVNO、格安スマホで十分 (但し、かわいいケースに限る)

ちょっとおもしろいニュースが話題になっていたのでシェアしたいと思います。

GMOメディアは、10代女子を対象とした研究機関「プリキャンティーンズラボ」で「格安SIM/格安スマホに関する調査」を実施。10代女子の半数以上が格安スマホを「よくわからない」と回答し、使い始めたきっかけは「親の意向」が最多となった。
GMOメディアが運営する、調査機関「プリキャンティーンズラボ」は、スマホを所有する10代女性を対象に格安スマホに関する調査を行い、その結果を発表した。調査はインターネット経由で行われ、調査期間は2017年6月27日から7月10日。有効回答数は1,367人。回答者の属性は、

このニュースを読んで、まさしくこれはうちの娘達と同じだなぁと思いました。
調査対象としてもドンピシャリですし。

回答者の属性は中学生が半数、高校生が4割強となり、利用しているOSはiOSが59.3%、Androidが38.0%となった。

我が家の娘達もきっと「キャリア」とか聞かれてもわからないでしょう。

知っているのはiPhoneのみ、しかし、実はiPhone自体も良くわかっていない

IT速報の記事にあるように、わかるのは「iPhone」ぐらいかもしれません。

女子中高生となれば、実際回線契約をする「親の意向」というのは、妥当な結果だと思います。

IT速報でも散々言われていますが、結局のところ、この年齢の女子はLINEやtwitterなどのSNSができればいいわけで、キャリアだろうが、MVNOだろうが、Androidだろうがそれほどこだわりはないでしょう。

というか、わかってませんから。

結局のところ、カワイイかどうか

それでも、うちの娘が言う「iPhoneがいい、iPhoneにして!」という理由は、ひとつは「みんなもっている」、二つ目は「かわいいケースがある」です。

逆に今使っている格安スマホど真ん中、型落ちマイナー端末のZTE Blade v6の不満点を聞くと「かわいいケースがない」です。

要は、友達と同じものを持ちたいという事と、かわいい見た目を重要視しているわけです。

友達とショッピングモールなどに遊びに行って、女子中高生が好きな雑貨屋などを見てまわります。

そこには、かわいらしいiPhoneケースもいっぱいあるわけですが、当然のごとくZTE端末の対応のケースなどあるわけがありません・・・

とどのつまり、不満はこういうところではないかなと思います。

スマホケースは、娘に選ばせてあげましょう!

娘達も端末を変えたいとか、回線を早くしてほしい(MVNOを変えてほしい)とはいいませんが、ケースは変えたいといいます。

先日、娘2(小6)のスマホを新調するにあたり、スマホケースは娘2に選ばせてあげました。

フリップ型のスマホケースは防御力が高い!
本日は娘達のスマホケースのお話です。 スマートフォンに液晶保護のフィルムや、ケースなどまったく使わずに使っているいわゆる「裸族」な方々...

とりあえず、ケースさえ納得いくものを与えておけば、娘達のスマホライフは満足度の高いものになると思われます。

女子中高生のお父さん、お母さん、MVNOや格安スマホを利用しての子供のスマホ活用のポイントは、実はスマホケースです。

格安スマホなどの比較的マイナーな機種でも、楽天で探せばそれなりの種類がみつかります。

MVNOと格安スマホを使って、娘さんのスマホを用意しようとした時に、「iPhoneじゃなきゃヤダ」とごねられたら、すかさず「ケースは好きなやつ選んでいいよ。 ほら、こんなかわいいのあるよ。」と楽天のページでも見せてあげましょう。

女子中高生にとっては、スマホもファッションアイテムのひとつという事ですね。

但し、これはあくまでも女子のお話。

男子中高生の場合は、ゲームなども利用頻度の高い使用目的に入ってくると思います。
また、スペックなどスマホそのものガジェットととしての魅力を欲している場合もあると思います。

やはり男子はメカ好きが多いですからね。

というわけで、今回は女子高生のスマホライフでの、スマホケースの重要性についてのお話でした。

先日、娘2(小6)が自分で好きなケースを選んだスマホケースショップはこちら

デザインも豊富でマイナーな端末も網羅しており、機種に合わせてカメラ穴も開けてくれるようなので、ぴったりです。

おすすめです。

O-NS スマートフォンケースショップ