スポンサーリンク

Fireタブレットでamazonアプリストアにないアプリをインストールする方法 【Google Play不要】

今回はAmazonのコスパ最強Fireタブレットにamazonアプリストアにないアプリをインストールする方法をご紹介します。

amazonのアプリストアは少なすぎ

Fireタブレットにアプリをインストールする時は、通常amazon謹製のアプリストアを利用します。

しかし、amazonのアプリストアはGoogle Playに比べると格段に取り扱っているアプリが少ないです・・・

FireタブレットはAndroidをベースにしたOSなので、多くのAndroid用のアプリが利用できるのですが、ダウンロードできなければ意味がありません。

裏技的にGoogle PlayをFireタブレットにインストールして利用する方法があります。

インターネットで検索すれば、Google Playのインストールの仕方はすぐにみつかると思います。

Google Playを入れると重くなる

但し、Google PlayをFireタブレットに入れると動作が重くなるようです。
私は実際にやったことがないので、あくまでネット上の情報です。

ただ、普通に考えもGoogle系のサービスを利用できるようにアプリを入れるので、それなりに常駐し動作するので重くなるというのも理解できます。

Fireタブレットのメリットは、安い端末だけど、専用のFireOSでサクサク動くが売りなので、せっかくの軽快な動作が台無しになる可能性もあります。

特にスペックが低めのFire7あたりはあまりおすすめできないかもしれません。

必要なアプリだけを入れる

そこで必要なアプリだけをインストールすればいいのでは?

たった1本のアプリをインストールしたいがために、Googleサービスをガッツリ入れて重くなる・・・これではちょっとリスキーですよね。

インストールしたいアプリのファイルApkファイルという物をダウンロードして、そのアプリだけをインストールできます。

APKMirrorからapkファイルをダウンロードする

さて、そのapkファイルとやらはどこにあるのか?

インターネット上には、Google Play以外にもアプリ(apk)を配信しているサイトは多数存在します。

有名どころはAPKMirrorです。

APKMirror - Free APK Downloads - Download Free Android APKs #APKPLZ - Download Free Android APKs #APKPLZ
Download Free Android APKs #APKPLZ

apkファイルをネット上からダウンロードするということは、リスクを伴います。

公式のGoogle Playからインストールするわけではなので、このあたりは自己責任となります。

もちろん、APKMirrorからのダウンロードも自己責任ですよ。

それでも、APKMirrorはapk配信サイトの中では、超メジャーなサイトです。

Google Playにあるすべてのアプリがダウンロードできるわけではありませんが、メジャーなアプリであればほぼ網羅されているのではないでしょうか。

不明ソースからのアプリを許可する

Google Play以外のサイトからダウンロードしたApkファイルをインストールする時は、端末の設定で不明ソースからのアプリを許可する必要があります。

設定メニューからセキュリティ項目の中にあるので許可しておきましょう。

デメリット 自動にアップデートはできない

デメリットとしては、APKMirrorからインストールしたアプリは自動にアップデートできません。

手動で新しくなったバージョンのapkファイルを再度ダウンロードし、再インストールする形になります。

アプリの数が少なければAPKMirror

利用したいアプリが少なければ、APKMirrorよりapkファイルをDLしてインストールした方が、面倒なGoogle PlayのインストールやGoogleサービスに端末のリソースを無駄に喰われないだけいいかもしれません。

逆に通常のAndroidタブレットのように、自由にアプリをインストールしたいなら、リスクを承知上、Google Playをインストールしてしまった方がいいでしょう。

詳しいやり方は動画で紹介しています。