嫁さんのMVNO選びで悩む・・・その3 やっぱり繰り越しは必要

前回の続きです。

嫁さんのMVNO選びで悩む・・・その2 たかが数百円されど数百円
前回からの続きです。 1GBプランにするか 3GBプランにするか? 悩んだ挙句、実際利用する嫁さんに聞いてみました。 ...

数百円のことで不自由するなら、オヤツを我慢する事を選んだ嫁さん。
1GBプランはあきらめて、3GBプランに絞ってMVNO選びが続きます。

3GBプランはMVNOはかなりベーシックなプラン帯なのでほぼ、MVNOなら存在するプランで選択肢は多いと思います。
嫁さんの場合は平均で1.5GBですが、直近6カ月のうち一カ月だけ3.6GBという月がありました。

こういった場合を想定するとやはり繰り越しが可能なMVNOの方が合っているような気がします。
そうなると

ざっと気になるのはこの3つぐらい

DMM mobile

IIJmio (BIC SIM)

mineo

DMMは私自身も現在愛用中ですが、速度も日常利用には申し分ないし、料金も「業界最安値水準」・・・水準・・・です。
IIJmioはやはり実績と信頼NO.1 現在でもおすすめできるMVNOのひとつです。
mineoはキャンペーンを利用して娘のスマホで使用していますが、最近回線品質も評判がよく、管理ページも使いやすい。
独自のパケットシェア方法が充実しているなど、後発としてはかなりやる気が感じられます。

んーここまでくると、もうどれでもいいような気もしてきます。


総合的にはDMMがオススメなんですが、ちょっと最近勢いがないのが心配です。
勢いで言えばmineoかなと。
mineoもケイ・オプティコムが運営しており、信頼できそうです。

3カ月間800円が割引されるキャンペーンもやってますからね



さて、どうしましょう。

あと、問題なのは嫁さんはメイン回線をMVNOにします。
ということは、番号を引き継ぎMNPする予定です。

そうなってくるとMNP時の手続きの問題もあります。

次回はこのあたりをチェックしてみたいと思います。

スポンサーリンク
Adsense336
Adsense336

フォローする