SIMフリースマホが4分の1突破!?もう使わない手はないでしょ

最近、めっきり行くことがなくなった家電量販店に久しぶりに立ち寄る機会がありました。

スマホのコーナーをチェックしてみると、今ではキャリアスマホコーナーの中に肩を並べて「格安スマホ」のコーナーが設置されていました。

家電量販店では、まだまだキャリア押しですが、店頭にFREETELのPriori4とかが置いてあるとちょっと胸熱です。

家電量販店らしく、MVNOのカタログも揃っています。
UQモバイル(auサブブランドですが・・・)あたりは、キャリアのカタログと遜色のない立派な出来栄えです。

MVNOのカタログも充実

先日、家電量販店でのSIMフリースマートフォンの販売数の割合が全体の4分の1を超えたというニュースもありました。

家電量販店の実売データを集計した「BCNランキング」によると、スマートフォン全体の販売台数に占めるSIMフリー対応モデルの割合は、今年4月は23.4%、5月は21.3%、6月は24.4%と、2割を超える水準で推移し、7月には過去最高となる26.0%に達した。

引用:http://news.livedoor.com/article/detail/13492910/

これって家電量販店の実売データーを集計しているとのことですが、これにネットでの販売数を加えたらシェア的にはもっと多いのでは?

SIMフリースマートフォンの機種もかなり増えてきましたし、いよいよ格安スマホ&MVNOも市民権を得てきたのではないでしょうか。

格安スマホの利用は、家計節約にも効果的です。
もうキャリア契約はもったいなくてできません。

MVNO一家としては、格安スマホ生活をおすすめしますよ。

スマホ代が3年で100万オーバー これありえないでしょ。
ソースはこちら 家族4人で3年で100万円を超えるスマホ料金 スマートフォンの平均月額料金は、大手3大キ...

たった月額299円でLINE用スマホだって作れます。

月額299円の子供用のスマホをつくろう!
2月に入り、そろそろ新入学・新生活に向けてお子さんにスマホをねだられているお父さん、お母さんも多いのではないでしょうか? ...