初代Priori・・・思えばここが原点だった。

実はfreetelの初代Prioriを持っています。

初代Priori

現在はまったく使っていませんが、久しぶりに電源を入れてみました。
なんともWindowsXPライクな壁紙でした・・・

あまっている0SIMでも入れてみようかと思いましたが、面倒なのでやめました。

もともと、実用品というよりは興味本位で購入した端末です。
まだまだMVNOも格安スマホも現在ほどメジャーではない時に、突如現れた謎のメーカーfreetel・・・

そこの若干前のめりでちょっと怪しい社長が自らアメブロで自社の製品を一生懸命紹介し、その製品に込めた暑苦しい思いを語っていました。

SIMフリー スマホ freetel ・フリーテルさんのブログ「freetel Priori」です。最新記事は「Priori スペシャルパックと、Prioriの違い」です。

そんな増田社長の熱い思いに動かされて初めて購入したのがこの初代Prioriです。

freetel フリーテル SIMフリー スマートフォン Priori ( Android 4.1.2 / 3.5inch / 標準 SIM Dual SIM / ブラック ) FT132A_PR_BK

OCNのSIMを購入して、自分でSIMを差してAPN設定・・・

いまでは当たり前で手慣れた作業ですが、最初はちょっとドキドキしました。
なんとなくDIYっぽくて楽しくもありました。

今改めてみるととんでもないロースペックな端末です。
正直、使いやすい端末でも実用的な端末でもありません。

ただ、なんとなくコンセプト的には目指すところは間違ってなかったのかと感じています。
現在、後継機のPriori2やPriori3の大ヒットがそれを物語っているような気がします。

FREETELさんも初代Prioriを発売したころと比べると、とんでもなく大きな会社になりました。

懐かしのfreetelさんの動画

今では日本の格安スマホ&MVNO業界でも一目おかれる会社に成長したFREETELさん。

私の格安スマホ生活もこのFREETELと初代Prioriとの出会いから始まっています。
そういう意味でも初代Prioriはなかなか思い入れのある端末です。

実は裏カバーがちょっと割れてしまったのですが、FREETELのサイトでまだ裏カバーが売っています。

また、SIMでも入れて超ロースペック端末なりの利用方法でも考えようかな?