MVNOの被災者支援 (追記)

熊本で大きな地震がありました。

MVNOも被災者の支援をはじめています。

mineo

皆さま、マイネ王 運営事務局でございます。 まず、2016年4月14日(木)夜、ならびに4月16日(土)深夜に発生しました熊本地震にて被災された皆さまや、被災地にご家族や友人のおられる皆さまに心よりお見舞い申し上げます。

イオンモバイル

MVNOではありませんが、今や国民的インフラとなったLINEも被災者支援を行いましたが、ちょっとヘマをしてボコボコに叩かれています。

4月14日夜に発生した熊本県の地震(震度7)は、今もまだ余震が続いている。寒い夜を屋外で過ごす被災者の…
LINEがIP電話サービス「LINE Out」において、日本国内の番号への発信を1通話最大10分まで無料化すると発表しました。これは、4月14日21時26分ごろに熊本県を震源とする最大震度7の地震が発生したことを受けた対応です。

これは誰か気づかなかったのかなぁ?って感じですが・・・
個人的には緊急災害時に何かしようと思い立ったことは評価できると思います。

やはりキャリアはしっかりしてますね。
こちらはいい支援です。

NTTドコモとKDDI、ソフトバンクの大手キャリア3社は、4月14日に熊本県を震源として発生した地震に伴い、熊本県内または九州地方で、各社が提供する公衆無線LANサービス(Wi-Fiスポット)を無料で開放しています。 SSIDは「00000JAPAN」(ファイブゼロジャパン)。ゼロの数は5つです。 またリアルタイ.....

接続手順は、スマートフォンやPC、MacのWi-FiをONにし、SSIDで「00000JAPAN」を選択するだけ。非常用ということもあり、パスワードは掛けられていない設定です。なお、「00000JAPAN」と、SSIDの頭に5つのゼロが付くのは、SSIDの一覧で上位に表示されるようにする意図です。

まだまだ、余震が続いています。
被災地の方には、お見舞い申し上げます。

【2016/4/19 追記】

IIJとDMM mobileも被災者支援を発表しました。

対象となるのは契約住所が熊本県内のDMM mobileユーザーで、19日から順次対応していく。

【2016/4/20 追記】

mineoがさらに支援措置について発表しました。

ケイ・オプティコムは、熊本地震被災者への支援措置を発表。「mineo」利用者にデータ容量を2GB提供するほか、「eoチャリティー壁紙」を開設して購入金額全額を義捐金として寄付する。

【2016/4/21 追記】

OCNモバイルONEも支援を発表。

NTTコムが、「OCN モバイル ONE」の全コースにて、熊本地震の被災者に5GBのデータ容量を無償提供する。対象となるのは、災害救助法が適用された地域の居住者。

【2016/4/27 追記】

UQモバイルは4月5月分のデーター通信量を上限なしで利用できるとの事。

UQ WiMAX【公式サイト】平成28年熊本地震で被災されたお客様に対するUQ mobileデータ通信容量の無償提供について(4月27日更新)ページ。速度制限ナシのWiMAX、超高速モバイルインターネットのWiMAX2+を提供。UQ WiMAXは、UQコミュニケーションズ株式会社の高速モバイル通信サービスです。