地味にキツイ! LINEモバイルが2/1よりSIM 発行手数料 400 円を追加

地味に値上がりSIM発行手数料

LINEモバイルが2/1よりSIM 発行手数料 400 円を追加

LINEモバイルも2017年2月1日より初期費用にSIM発行手数料が追加になります。

2017/2/1(水)お申し込み分より、初期費用として株式会社NTTドコモが規定するUSIMカードの貸与に係る費用相当分として、「SIMカード発行手数料」を請求させていただくことになりましたので、お知らせいたします。

引用:http://mobile-blog.line.me/archives/11538677.html

地味に値上がりするMVNO初期費用

MVNOの初期費用といえば、多くは3,000円(税抜)というのが相場でしたが、最近はSIM発行手数料というもが追加で請求されるようになってきました。

MVNOはドコモからSIMを発行してもらうにあたり、394円の費用がかかるらしく、それをユーザー側に反映させた結果だと思われます。

どうやら、NTTドコモの約款が8月から一部変更となり、MVNOに対して、SIM発行の手数料を394円徴収するようになった影響を受けたものと思われる。

引用:http://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/1607/29/news052.html

LINE以外でも、FREETELやU-mobile、nuroモバイルなんかもSIM発行手数料がかかります。
現状では業界大手のIIJmioやOCNモバイル、mineoあたりはまだSIM発行手数料はかかりません。

しかし、実際MVNOが394円の費用を負担しているとなると、徐々にこの394円の負担はユーザー側に転嫁されるでしょう。

月々数百円で運用するMVNO、実は初期費用がトータルコストでは結構影響してきます。

たった、394円ですが、これはMVNOユーザーには痛いところ。

少しでも安く初期費用をする

MVNOユーザにとって馬鹿にならない初期費用、通常3000円程度ですが、エントリーパッケージなるものを購入することにより3000円よりやすく初期費用を抑えることができます。

一番簡単に購入できるのはAmazon。

Amazonパッケージ限定でデーター通信量の増量などがある場合もあるので、MVNOを検討されている方は、一度Amazonで希望のMVNOのエントリーパッケージがないか確認してみることをおすすめします。

LINEモバイル データSIM(SMS付き)エントリーパック (ナノ/マイクロ/標準SIM)[カウントフリー・iPhone/Android共通・ドコモ対応] LMN-AMA01

【FREETEL SIM】299円 全プラン対応パック データ通信/音声通話(ナノ/マイクロ/標準SIM) 通常モデル AMZ-FTSIMX-ENT-01

IIJmio SIMカード ウェルカムパック マイクロSIM ( バンドルクーポンキャンペーン中 4GB増量×3ヵ月間 ) 【Amazon.co.jp 限定】

mineo エントリーパッケージ au/ドコモ対応SIMカード データ通信/音声通話 (ナノ/マイクロ/標準SIM/VoLTE)

【Amazon.co.jp限定】 [iPhone5~7 / Galaxy S6 / Xperia Z3~Z5 他対応] DMM mobile SIMカード データ通信専用 nanoSIM 月額440円~ DDN001