LINEモバイルがついにスタート! でも我が家はFREETEL SIMで十分だった

ついに「LINEモバイル」のサービス内容が発表になりました。
MVNO業界はもちろん、個人的にもかなり注目したいただけにこの日を心待ちにしていました。

 LINEは、MVNO型の携帯電話サービス「LINEモバイル」を9月5日より提供する。LINEの通信量が無料になる「LINE FREE」プラン(1GB)が月額500円~。FacebookやTwitterが無料になるプランもあわせて用意される。当初は2万件に限って受け付ける。10月1日から正式に提供する。契約できるのは1...

で、LINEモバイルのサービス内容を見て第一印象は・・・

「思ったより普通だった・・・」

LINEがMVNOを始めるという事でかなり話題にはなりましたが開けてみると案外普通。
価格的にもそれほどビックリする要素はないかなという感じ。

LINEが通話も含めて無料になったり、twitterやFACEBOOKまで無料になるというのは新しいですが、個人的にはそれほどSNSを利用してるわけではないので魅力は感じませんでした。

ただ、LINEのサービスと絡めて年齢認証ができたり、SMSなくてもアカウントが作れたりするところはさすがLINEが展開するMVNOといった感じ。

逆に年齢認証ができる分、データー専用プランでも契約に本人確認が必要だったり面倒な一面もあります。

というわけで、やはり我が家の利用法ではFREETELのキャンペーンに乗って正解だったと思います。

結局、FREETELを1回線追加しました・・・
「LINEモバイル」のサービス発表記者会見があると聞いて、一瞬迷いが生まれましたが、結局FREETELをもう1回線追加することにしま...

FREETELもLINEのトークやスタンプ、画像はカウントフリーですし、何より節約モード(低速モード)にすれば、LINEに限らずすべてがカウントフリーです。

おまけに節約モードで運用すればわずか月額299円
トーク主体のLINE端末を作るならこっちのほうがいいのでは?

いずれにしても「LINE」というビックネームがMVNOに参戦してきてさらに業界が活性化されることを望みます。

FREETELの増田社長が対抗意識を燃やしてがっちりかぶせてきてくれるとまた面白くなるのですが・・・(期待)

【在庫目安:あり】【送料無料】プラスワンMTG(freetel) N003K01-i FREETEL SIM for iPhone/ iPad 従量課金 データ通信専用 nano SIM