東日本大震災から5年 LINEが災害時役立つ「LINE」の使い方を紹介

東日本大震災から5年がたちました。

あれから私達をとりまくモバイル環境も大きく変化しました。
まだまだガラケーだった携帯電話がいまでは、ほとんどスマートフォンに変わりました。

日本以外での国ではあたりまえだった電話番号によるショートメッセージのキャリア間の相互接続も東日本大震災の教訓から現在は改善されました。

また、現在ではスマートフォンの普及によりSNSが普及し、EメールやSMSより「LINE」や「Twitter」「Facebook」などがコミケーションツールの主流となりました。

我が家も格安スマホ&MVNOの活用により、月々の費用は最小限におさえながらも家族4人小学生の娘まで含めてスマートフォンを所持しています。

家族間の連絡も今では「LINE」です。
家族間に限らず「LINE」はもう日本国民の重要なライフラインになってしまいました。

そんな「LINE」が震災5年目を機に災害時に役立つ「LINE」の使い方を紹介しています。

ここでご紹介している内容は下記からダウンロード可能です。印刷して学校や地域で配布をするなど、ご自由にご活用ください。(2017年3月2日更新) “ホットライン”として作られたLINELINEは、2011年3月の東日本大震災発生時にはまだこの世に存在していませんでした。まさに

緊急時に役立つLINEの使い方は、同社ブログでのPDF公開および各地でのリーフレットとして配布。内容は、普段からLINEで家族や近所の方をグループ登録しておくと災害時にも容易に連絡でき、災害時の避難場所といった情報を「ノート」して保存できること、位置情報を互いに送信できる機能を用いることで災害時でも家族などと合流しやすいといったノウハウ。

引用:http://ascii.jp/elem/000/001/131/1131811/

これを機会に我が家でも家族グループのノートに災害時の連絡先等をまとめておこうと思います。
LINEであれば、娘たちも使い慣れているので安心です。

LINEに使うだけならMVNOを活用すれば月額数百円で利用が可能です。

月額299円(税抜)でLINE専用スマホが可能に! やるなFREETEL!
FREETELさんがLINEが無料になるサービスを始めました。 FREETELさんのSIMでLINEのデーター通信料は無料になるとの事...

是非、皆さんも災害時の連絡ツールとしてスマホやLINEを検討されてみてはいかがでしょうか?

今すぐ使えるかんたんぜったいデキます!LINE超入門 [ 井上香緒里 ]

スポンサーリンク
Adsense336
Adsense336

フォローする