携帯電話の格安プラン 結局これはどうなるのか?

結局これはどうなるのでしょう?

というより実際はどうなるのでしょう?かな?

格安プランができても販売店はなんだかんだ新しい販売方法を生み出すでしょうし、結局その口車にのって高いプランや余計なオプションを買わされる・・・

結局のところ、今と差ほど変わらないのではないかと思ってしまいます。

個人的にはMVNOの出現でかなり料金面では満足のいく運用になりました。
やはりもっとMVNOを周知した方が良いのではないでしょうかね。

どうしても至れり尽くせりサポートバッチリじゃないといけない人はやはりそれなりの料金を払ってキャリアと契約した方がいいでしょうし、いろいろ割り切れる人はMVNO+格安スマートフォンでいいのでは?

さて、どうなることやら・・・

【Amazon.co.jp限定】 [iPhone5~6s / Galaxy S6 / Xperia Z3~Z5 他対応] DMM mobile SIMカード データ通信専用 nanoSIM 月額440円~ DDN001

新品価格
¥540から
(2015/12/16 14:55時点)

FTJ152APRIORI3LTE-OR【税込】 フリーテル SIMフリースマートフォン 「Priori3 LTE」ビビットオレンジ [FTJ152APRIORI3LTEOR]【返品種別B】【送料無料】【RCP】

価格:13,820円
(2015/12/16 14:56時点)



スポンサーリンク
Adsense336
Adsense336

フォローする