MVNOのスピードテストは鵜呑みにできない!!

私もとっても参考にさせて頂いております「スマホ辞典」さんにMVNOの速度比較の記事が出ておりました。

MVNO格安SIMの速度調査4月編です。 MNOからの接続料の値下げによってますます料金が安くなりそうなMVNO格安SIMですが、もうこれ以上安くなっても料金面でのメリットは現時点で十分な状態であり、この点の比較を熱心にしても今は大して違いもなくどれも安い料金で使えるのがMVNOの共通事項になっています。

すごーく詳細にかつ継続的に比較検証しており、私のような格安スマホ生活をしている者にとってはとても参考になる記事です。
最近はスピードテストアプリではわからない、画像や動画への速度制限があるMVNOがあったりと、MVNO選びも複雑になってきています。

私自身もいろいろなブログやいろいろな方のツイートを参考にMVNOの良し悪しの情報を集めていますが、やはり今回のスマホ辞典さんの記事にもあるように、IIJ系とmineoはなんだかんだ言っても評判がいい方だと思います。

IIJは技術的にもしっかりしていますし、mineoはユーザーとの交流に積極的です。

けして最安値というわけではありませんが、実績や信頼性は重要です。
我が家もDMM mobileとmineoを利用しています。
我が家の使い方であれば回線品質的にはまったく不満はありません。

おすすめです。



mineo エントリーパッケージ au/ドコモ対応SIMカード データ通信/音声通話 (ナノ/マイクロ/標準SIM/VoLTE)



【Amazon.co.jp限定】 [iPhone5~6s / Galaxy S6 / Xperia Z3~Z5 他対応] DMM mobile SIMカード データ通信専用 nanoSIM 月額440円~ DDN001