爆速 FREETEL SIMにも弱点が!

いまや評価もうなぎのぼりの爆速 FREETEL SIMにもちょっとした弱点があります。

プラスワン・マーケティングのMVNOサービス「FREETEL SIM」が、ヨドバシカメラにおける「格安SIM」の販売実績で2カ月連続でシェア1位となった。また、9月18日までにヨドバシカメラのほぼ全店舗でMNP即日転入を実現した。

それは公式のアプリがないということ・・・

大手のMVNOでは当たり前のアプリがありません。

MVNOの利用者にとってはデーター使用量の確認は必須なわけですが、それがアプリからはできないのです。
もうひとつ大事な機能である「低速モード」の切替もアプリがないため、いちいちブラウザから切り替えないといけません。

さすがにこれは面倒ですね。
増田社長もアプリを準備しているような事はニュースで出ていましたが、現状はなし。

それでも公式ではないFREETEL SIM用のアプリあったのですが、なぜか今現在(2015/12/24)にはGoogleのプレイストアから消えています・・・

もしかして「がっちりマンデー」にも出演してしまうぐらいがっちり儲けている増田社長が札束握り締めてこのアプリを買収したとか・・・

いずれにしてもアプリは早急に対応してほしいですね。

FREETEL SIM データ通信専用 ナノ nano SIM 月額299円(税抜)より

価格:3,240円
(2015/12/24 13:48時点)

スポンサーリンク
Adsense336
Adsense336

フォローする

コメントの入力は終了しました。