FOMAプラスエリア非対応の端末を使ってみて・・・

みなさん、「FOMAプラスエリア」ってご存知でしょうか?

格安SIMの登場で日本でも発売されるようになった「SIMフリー」のスマートフォン。価格やスペックにだけとらわれがちですが、もうひとつ確認しておく事があります。そ...

そうなんです。
要は通話及び通信エリアのお話しなんです。

MVNOの多くはDOCOMO回線を利用したサービスになっています。
そのDOCOMOのMVNOを利用する上では結構重要なポイントだと思います。

今でも新機種がでる度に、このFOAMプラスエリアにしっかり対応しているか否かが話題になることも多いと思います。

で、我が娘が利用しているAscend G6はもうばっちり非対応です。

現在のSIMフリー端末であれば、ほぼほぼこのFOMAプラスエリアにも対応しているのですが、Ascend G6はまだまだMVNOや格安スマホが黎明期の頃に発売された端末なのでグローバルモデルを日本語にしてそのまま販売していた頃の端末なんですね。

そこで実際にFOMAプラスエリアに非対応のAscend G6の使用感は・・・

特に問題なし・・・ ですね。

でもこれは本当に利用する人の行動する生活環境に左右されるのであくまで我が家での使用感です。
うちは特に田舎でも都会でもない地方の小さな町ですが、まったく電波の入りでは問題ありません。

また娘が利用しているので、行動範囲も限られているので特にそう感じるのかもしれません。
娘からも電波の入りがうんぬんとかそんな問題は一度も聞いていません。

山間部だったりちょっと郊外だったりすると差が出るのかもしれません。
あと、都会でも逆に建物の中などで非常に入りにくいう話をネットで見たことがあります。

もう、こればっかりは実際に非対応の端末を利用してみて自分の生活圏でどのくらい使えるか調べるしかないですね。
そういう意味で我が家のAscend G6は結構役にたっているのかも。

最近発売されているSIMフリー端末はちゃんと日本向けにカスタマイズされているので問題はない機種が多いと思います。

もし、FOMAプラスエリアや800MHz帯非対応で割り切れるなら海外モデルを安く購入するという選択肢も広がります。

海外から直輸入できるエクスパンシスさんなんかで結構安く売っています。

エクスパンシス

また、AMAZONでも並行輸入版として日本版よりはかなり格安に販売されています。

ASUS ZenFone 2 ZE500CL 2GB RAM 16GB ROM (5inch/4G LTE) [並行輸入品] (White ホワイト 白)

新品価格
¥22,650から
(2015/9/17 00:31時点)

これも人それぞれですが、この周波数問題も妥協できれば海外モデルという選択肢も増えますので、格安にこだわる方はご自分の生活エリアがメジャーバンドの2100MHzでOKか確認しておくといいかもしれません。

スポンサーリンク
Adsense336
Adsense336

フォローする