通信速度がベストエフォートから実効速度へ

通信速度の表記がベストエフォートから実行速度に変わるそうです。

個人的にはあまり通信速度にそれほどこだわりがありません。

MVNOでもよくユーザーの方が各MVNOをスピードテストを上げてくださっていますが、MVNO選びの参考程度にはチェックさせてもらっていますが自分ではまずスピードテストはしません。

格安SIMフリーはじめてガイド 通信費用月額1000円で済むMVNOがすべてわかる!

個人的には自分の利用方法でストレスないスピードであれば、30Mbpsでも3Mbpsでも特に気になりません。

ニュース関係のWEBが閲覧できてメールができてLINEができれば概ねOKです。
スマホで動画の視聴はしませんし、アプリの更新はWI-FIを利用します。

MVNO選びに重要なのは、自分の使用する目的やアプリ、データー通信量をしっかり把握しておくことが重要だと思います。
私のような使い方ならMVNOが遅いとか速いとかそれほど気になりませんし、動画視聴が多い方ならそれなりのスピードが期待できるMVNOやプランを選ぶ必要がありますからね。

とにもかくにも、より実用的な速度で公表していただけるのはユーザーにとってはありがたいですね。

MVNOで最近評判がいいのはmineoとFREETELですかね。



FREETEL SIM for iPhone/iPad データ通信専用 nano SIM (月額299円(税抜)より)

スポンサーリンク
Adsense336
Adsense336

フォローする