MVNO利用であると便利な機能がなかった302HW やはりワイモバイル端末だから? 残念・・・

さて、偶然にも娘たちのスマホがHUAWEI製になってしまいました。

娘1:

ワイモバイル SIMカード+Ascend G6 SIMフリー【送料無料】【Y!mobile】アセンド G6 【回線セット販売】

娘2:

【新品・未使用】 携帯電話 白ロム Y!mobile STREAM S 302HW [ホワイト]

個人的な感想としてはデザインも悪くないし、価格を考慮すればかなり満足のいく端末たちです。
両機を比較して、ひとつ302HWで残念だったのがアプリごとにモバイルデーター通信及びWI-FI通信の許可/制限する機能がなかったことです。
AscendG6にはこのアプリごとの通信制限の機能が標準で搭載しており、MVNO利用者にとってはかなりありがたい機能です。
限られたMVNOのデーター通信量を上手に利用する為に、データー通信量の多いアプリや特に利用しないアプリは最初から設定で、モバイルデーター通信を制限することができるのです。
これが302HWには搭載されていませんでした。

こちらのブログに紹介されている機能です。

http://sgr-mobile-ex.blogspot.jp/2014/07/ascend-g6ascnd-g6.html

Android OSに標準で搭載さている「バックグラウンドデータを制限する」とはちがいます。
この機能で制限するとフォアグラウンドでもモバイルデータ通信ができなくなるのです。

娘2用の302HWはデジモノステーションの付録の「0sim by so-net」のSIMカードを利用して、なんとか無料で利用できる500MBに抑えたいと思っています。
AscendG6に搭載されていたアプリごとにデータ通信を制御する機能があれば、モバイルデーター通信可能なアプリはLINEだけにすれば、外出時はLINE端末と化し、連絡手段としてのみ利用すれば、500MB未満で十分おさまると期待していました。

同じHUAWEI製なのできっと搭載されているんではないかと、甘い期待を抱いていましたが、残念でした。
やはり302HWはワイモバイルの端末だからでしょうか?

上記と同様なアプリごとの通信制限が可能になるアプリも何個か検討しましたが、あまり設定が煩雑になって子供が使い難くなってもいけないので、とりあえず今回はスルーしました。

こちらのアプリでアプリ事の通信制限が可能のようです。

http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/pickup/20150827/1066134/

まずは数カ月運用してみて、別に制限しなくても500MB未満なら問題ありませんからね。
500MBを超えてしまうようなら、また考えてみたいと思います。