娘のスマホ mineoから0SIMへ 

以前からお話ししているように、mineoのキャンペーン期間の終了に伴い、いろんな不安を抱えながらも予定通りmineoから0SIMへ移行します。

LINEの通知が遅れるのは0SIMのせいなのか?
0SIMに関するちょっと気になるツイートを見ました。 0simからIIJmioに戻したけど、確実にプッシュ通知の遅延が解消されました。...
Push Notifications Fixerを導入したけどやっぱりダメだった。
0SIM + Huawei 302HWでリアルタイムで通知が来ないので、改善する為にPush Notifications Fixerをインス...

月末までにはまだ時間がありますが、万が一の事も考え娘1(中2)のスマホのSIMを0SIMに交換しました。
もし、どうしても使い勝手が悪いようなら最悪mineo継続もできるように1週間ほどの併用期間をもうけます。

まず、確保用にGETしていた0SIMを回線維持の為に使っていたGalaxyタブレットより取り出しました。

0SIMを抜き出す

タブレットはSC-01Cという初代のGalaxyタブレットです。
SIMカードサイズは標準だったので、SIMアダプターをかませて利用していました。

0SIMアダプター付き

以前にもおすすめしたSIMアダプターにSIMカードを固定する為のカプトンテープを剥がします。
カプトンテープは剥がしやすく剥がした後もベトベトしにくいのでMVNO利用者にはおすすめのグッズです。

続いてはAscend G6のSIMを交換します。
スマートフォンのバックカバーは、なかなか開けづらい事も多いですが私は先端にカプトンテープを巻いたマイナスドライバーでこじ開けています。

カプトンテープを巻いておけばテープ厚さも薄く表面が滑らかで滑りやすいので、マイナスドライバーでこじ開ける際に本体に傷をつけにくくなります。

AscendG6を開ける

ここでまたしてもSIMアダプターの出番です。
0SIMはnanoサイズ、Ascend G6はMicroサイズなので、SIMアダプターを利用します。

SIMアダプターもMVNO利用者必須アイテムです。
Amazonでアダプター自体はかなり安く手に入りますが、送料がかかるので私はまとめ買いしてあります。

SIMアダプターまとめ買い

いつも通り、SIMカードが中で外れないようにしっかりとカプトンテープで固定します。

カプトンテープでSIMカードを固定

完成するとこんな感じ。

SIMをカプトンテープで固定

あとは0SIMのAPN設定をして完了です。
とりあえず、無事にピクトアンテナもたち、LTEも掴んで通信状態は特に問題がないようです。
残るは実際に利用してみて実用度をテストしてみたいと思います。

やはり一番気になるところはプッシュ通知がしっかりと機能するか?というところです。
mineo + Ascend G6の組み合わせではまったく問題がなかったので、これで通知がこないとなるとやはり0SIMが原因ということになるでしょうか。

一週間、実際に娘に利用させてテストしたいと思います。

絶縁 耐熱 カプトン テープ ブラウン (幅10mm×長さ33m )

ノーブランド品 カプトンテープ10mm巾 33m巻 【KPTAPE10-33M】

mobee Nano SIM MicroSIM 変換アダプタ 3点セット ホワイト For iPhone 5 4S 4 ナノシム→SIMカードorMicroSIM MicroSIM→SIMカード