0 SIMのMNP転出料が改定 待ち受け専用、電話番号維持にいいかも。

まったく知りませんでしたが、「0 SIM」のMNP転出料が改定されていました。

MNP転出料が7000円から2000円に変更になっています。

以前は、7000円という他社に比べるとかなりお高い手数料でしたが、改定されて2000円になりました。

他社並み、あるいはちょっと安いぐらいの設定に改善されています。

データー通信量が月間499MBまでは無料で利用できるという超絶お得な「0 SIM」ですが、その代わりに回線品質はそれなり。

MVNOの中でも、かなり評判の悪い方だと思います。

よって使い方としては、サブ回線等に利用し499MB以下に通信量を抑えて0円で使うというのがセオリーとなります。

私も2回線維持していますが、本当に0円で維持できています。

音声通話付きプランは、700円~

そんな「0 SIM」も音声通話付きのプランが選べます。

料金は他社と同様+700円です。

なので、月間のデーター通信量を499MB以下に抑えるとなんと700円で利用できます。
これは、MVNOの中では最安値になります。

月額700円で音声通話SIMが持てるって結構すごくないですか?

ほぼ待ち受け専用に使っている電話番号の維持だったり、データー通信を利用しないガラケーの回線としても利用できます。

ガラケーでも音声通話とSMSは利用できます。

キャリアのような2年間の縛り(0SIMも音声通話付きプランは12カ月の最低利用期間があります。)や余分なオプションを付けられて無駄な料金を払う必要もありません。

以前は、MNP転出料が7000円ということで、安いとはいえ音声回線を持ち込みにくかった「0 SIM」ですが、今回の改定で他社とほぼ同じ条件になりました。

使い方を選ぶSIMだとは思いますが、なんせ「0円」です。

上手に利用すれば、とてもお得なSIMカードです。

通信量に合わせた価格設定!nuro mobile